ポージング

アンジャネーヤ・アーサナ

和名:三日月のポーズ

アーサナの解説、初回です。

足の付け根、鼠径部を伸ばすなならこのポーズ!

◇完成までの動き

1.
山のポーズ(両足揃えて立つ)から片足を大きく前に一歩踏み出し右足の膝を曲げる。
⇒この時点ではローランジ。ダウンドックから足を大きく前に出すパターンも多い。


2.
前膝の上に両手を乗せ後足の甲を地面に着け、後ろ足付け根をできるだけ前に突き出し股関節を縦に開く。
⇒足の付け根を伸ばす腸腰筋を伸ばすのがポイント!股関節を柔らかくして腰痛の緩和に役立ちます。

3.
お尻の後ろで手を組んで、吸う息で胸を開き腕を引き上げる。
⇒上半身は肩甲骨を寄せて胸を開くことで猫背の解消、肋骨が広がるので肺を広げ内臓も開放、前向きな気分につながります。
※もう一枚の画像のようにここで腕を上げると肩関節のストレッチになります。

◇注意

・心臓疾患の方は圧迫が強いのでやめておく。
・股関節(前側)のストレッチが強いので硬い方は加減をしながら足の付け根を前に出していく。

ハタヨガタイプの立位でじっくりキープして上記のような効果を得るために行うことが多いポーズです。
またダウンドックから始まるヴィンヤサタイプで流れの中のワンポーズとして行うこともあるポーズですね。

十分に体を温めてからやってみましょう!

関連記事

  1. ヨガに関して

    自由なヨガ

    自由なヨガ…

  2. ヨガに関して

    ヨガインストラクターのkenです

    ヨガインストラクターのkenです…

最近の記事

  1. ヨガに関して

    ポーズを安定させる下半身の筋肉 ①骨盤底筋
  2. ヨガに関して

    ヨガインストラクターのkenです
  3. ポージング

    アンジャネーヤ・アーサナ
  4. ヨガに関して

    ざっくり理解 フィードフォワード機能
  5. ヨガに関して

    ポーズを安定させる下半身の筋肉 ②内転筋
PAGE TOP