ヨガに関して

ポーズを安定させる下半身の筋肉 ①骨盤底筋

立位の安定性

ヨガの立位のポーズを頻繁にとっていると下半身の筋肉ががっちりしてきます。

逆の言い方をすると下半身の筋肉がしっかりしていないと立位のポーズは安定しません。

今日と明日の2日間で安定のための筋肉を2種類紹介します。

1種類目の本日は骨盤底筋。

骨盤底筋

ヨガではムーラバンダという言い方もする骨盤の下についている筋肉です。

体幹筋の中でも最も深層にあるもので横隔膜・多裂筋・腹横筋とともに姿勢を支える欠かせないインナーユニットです。

骨盤を下から包むように張っているこの筋肉が緩むと繋がっている肛門・膣・尿道が緩んで排泄トラブルが起こります。

骨盤の傾き

骨盤底筋を上手く使って姿勢を整えるには骨盤の傾きが重要です。

  • 骨盤後傾:骨盤が後ろに倒れる
  • 骨盤前傾:骨盤が前に倒れる

盤後傾:骨盤が後ろに倒れる

・骨盤前傾:骨盤が前に倒れる

どちらに倒れたとしても良い姿勢とは言えず、

腰や肩の痛みに繋がります。

ゼロポジションの目安

骨盤の傾きをちょうど真ん中に保つための目安は下記2点

  • お尻の穴と頭頂部にまっすぐな軸を通して傾かないこと
  • 骨盤の左右の出っ張りと恥骨を結ぶ三角形が目の前の壁と平行であること

骨盤の傾きを整えた状態(ゼロポジション)で姿勢を整えると下腹部を通じて下半身に力が入りやすくなり、

上半身と下半身の連動をスムーズに行うことが出来ます。

今日紹介した骨盤底筋をサポートする筋肉が明日紹介する内転筋です。

それではまた明日。

関連記事

  1. ポージング

    アンジャネーヤ・アーサナ

    アンジャネーヤ・アーサナ…

  2. ヨガに関して

    ヨガインストラクターのkenです

    ヨガインストラクターのkenです…

  3. ヨガに関して

    自由なヨガ

    自由なヨガ…

最近の記事

  1. ヨガに関して

    ざっくり理解 フィードフォワード機能
  2. ヨガに関して

    自由なヨガ
  3. ヨガに関して

    姿勢を安定させる体幹筋
  4. ヨガに関して

    ヨガインストラクターのkenです
  5. ヨガに関して

    ポーズを安定させる下半身の筋肉 ②内転筋
PAGE TOP