ヨガに関して

姿勢を安定させる体幹筋

インナーユニット

昨日のフィードフォワード機能の続きです。

身体を支えるには反応の早いインナーマッスルを使うのが大事という話でしたね。

今日はインナーマッスルの中でも体幹の最も深層にある4つの筋肉を紹介します。

  • ①骨盤底筋
  • ②横隔膜
  • ③腹横筋
  • ④多裂筋

上記4つのインナーマッスルをまとめてインナーユニットという言い方をします。

画像を見ながら形状を確認していきましょう。

①骨盤底筋

下から①骨盤底筋は骨盤を支え、

緩むと排泄トラブルに繋がる重要な筋肉です。

骨盤の向きを整え内転筋に力を籠めることで引き締めることが出来ます。

②横隔膜

対面となる上の②横隔膜。

上下に動くことによって肺を収縮させ呼吸するものですが、

内臓に近い役割をしています。

解釈としては肺が内臓で自分では動かせず、

横隔膜が筋肉で自分の意志でも動かすことが出来るという分け方でしょうか。

大事なのは下の面①骨盤底筋と平行に面の向きを整えることです。

整える目安は肋骨が前面飛び出ていると斜め上に傾いているので、

骨盤の向きを変えずに肋骨をしまう動きをするのがポイントです。

この辺は実際レッスンをしないとわかりづらいところですね。

③腹横筋

前面に飛び出した肋骨を引き下げる筋肉が③腹横筋です。

上下では骨盤から肋骨にかけて、

左右では背中の多裂筋を囲むように帯状に繋がっています。

お腹を支える要になるインナーマッスルです。

身体を折りたたんでお腹に力を入れるとアウターの腹直筋(シックスパック)に効いてしまいます。

腹横筋に効かせるためには姿勢を整えながら呼吸やポーズをとるのがポイント。

④多裂筋

沢山ある脊柱を上下に通る背筋の最も深層にある筋肉④多裂筋。

前面とはお腹側の③腹横筋と繋がり、上は②横隔膜、下は①骨盤底筋。

多裂筋が背面側の要となり4つのインナーユニットで構成される円柱の形を支えています。

これらインナーユニットが姿勢を支えられるのは円柱をきれいに保てること。

円柱のイメージはドラム缶とか茶筒などでしょうか。

点や線や面ではなく上下の面が平行な立体の柱がお腹に立っているという感じです。

姿勢を整えて①骨盤底筋と②横隔膜を平行に保つのは構造上の意味ですね。

紹介するだけで結構な文章量になりましたね。

これらインナーユニットの鍛え方はまたの機会に書いていきたいと思います。

関連記事

  1. ヨガに関して

    ヨガインストラクターのkenです

    ヨガインストラクターのkenです…

  2. ヨガに関して

    自由なヨガ

    自由なヨガ…

  3. ポージング

    アンジャネーヤ・アーサナ

    アンジャネーヤ・アーサナ…

最近の記事

  1. ヨガに関して

    ポーズを安定させる下半身の筋肉 ①骨盤底筋
  2. ポージング

    アンジャネーヤ・アーサナ
  3. ヨガに関して

    ざっくり理解 フィードフォワード機能
  4. ヨガに関して

    ヨガインストラクターのkenです
  5. ヨガに関して

    姿勢を安定させる体幹筋
PAGE TOP